テクノロジー

インプラント型マイクロチップ

弊社は、スウェーデンのBiohax International(バイオハック社)と提携をし、日本における体内埋込型のマイクロチップ実用化を推進していきます。
NFC技術を利用している為、世界中に普及しているNFCリーダーやNFC対応デバイスとの連携が容易です。また、認証用途で利用する場合にも、NFCカードリーダーコストは、虹彩や指紋のリーダーと比較して、大幅に導入コストを削減することも可能です。今後、決済/フィンテック、個人認証、身元特定などの医療サービスへの導入を進め、様々な場面での活用方法をご提案していく予定です。

medi image

<国内での活用事例>

スマートロックとの連携

既存のNFCリーダーに、本マイクロチップを登録することで、入退カードが不要となります。カードリーダーに手をかざすだけで、オフィスや自宅のドアの鍵を解錠、施錠を行うことができます。社員証の貸し借りによる入退出の防止やNFCカード紛失による入退出ができなくなることを防止することができます。

medi image


自動車との連携

自動車と連携させ、ドアの開錠、施錠やエンジンの始動が可能となります。スマートキー車のリレーアタック防止にも役立ち、両手が塞がった状態でも、スマートキーを取り出さず、ドアの開錠が容易にできます。自家用車、カーシェアでの利用等を想定しています。

medi image


シェアサイクルでの利用

国内大手のシェアサイクル(レンタル自転車)にも対応しており、自転車のNFCカードリーダーに手をかざすだけで、容易に自転車の開錠が可能です。

medi image


スマートフォン連携

NFC対応のスマートフォンとの連携により、データ参照、データ書込み、スクリーンロック解除、アプリ連携等が可能です。マイクロチップに個人情報を入れておくことで、紙の名刺を持たず、手をかざすだけで、相手のスマートフォンへ名刺情報を転送することが可能です。名刺作成が不要で名刺切れの心配もありません。

medi image


プロモーションビデオ

<今後の展開>

本技術を用いて、様々な用途に利用を拡大していく見込みです。興味がございましたら、弊社までご連絡下さい。

医療現場

身元特定情報や保険証データプラットフォームへの活用

決済サービス

キャッシュレス化のウォレットとしての活用

デバイス/IOT連携

ドアの鍵や家電コントロールを代表とした様々なNFC連携

モビリティ連携

自動車、バイクなどとのキー連携としての活用

個人情報キー

情報銀行の認証、個人情報を保存するマイクロチップとしての利用

開発のご相談、取材、採用について

医療Tech、デバイス、AI等の開発を検討している企業様、取材のお申込、一緒に働きたいと考えている方、お気軽にお問い合わせ下さい。

問い合せフォーム